中央区土地価格

2023年度の神戸市中央区籠池通の坪あたりの土地価格相場

  1. HOME >
  2. 中央区土地価格 >

2023年度の神戸市中央区籠池通の坪あたりの土地価格相場

神戸市中央区の籠池通(かごいけどおり)の土地価格について解説します

平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数569、人口1,368、うち男性591人、女性777人です

籠池通は水漏れの多い池のことを一般に「かご池」といい、農村時代に旧筒井村の潅漑用の池がこのあたりにあったが、その池の水漏れがひどかったことから名付けられたという。

籠池通の坪あたりの土地価格相場

坪単価66万円〜146万円

2023年度の籠池通の坪単価の土地価格相場

籠池通1丁目

相場価格  坪単価73万円〜87万円

籠池通2丁目

相場価格  坪単価73万円〜87万円

籠池通3丁目

相場価格  坪単価66万円〜136万円

籠池通4丁目

相場価格  坪単価91万円〜146万円

籠池通5丁目

相場価格  坪単価66万円〜129万円

籠池通6丁目

相場価格  坪単価66万円〜129万円

籠池通7丁目

相場価格  坪単価61万円〜129万円

土地の価格は4種類ある

固定資産税評価額・路線価・公示地価・実勢価格の違いとは

土地価格がよくわからないという理由に土地価格は実際4種類あります

4種類の土地価格

固定資産税評価額

路線価

公示地価

実勢価格

4つの土地価格

基準になる指標から土地価格を算出するにはそれぞれの価格についての計算式が異なります

実勢価格も相場の1.1%という事ではなく、時期や周辺の物件状況、日当たり、隣地との距離、接道道路の幅員などの要素によって1.2倍~1.3倍の誤差は必ずあります

実勢価格の目安=公示地価(㎡単価)×1.1×面積

実勢価格の目安 = 固定資産税評価額 ÷ 0.7 × 1.1

実勢価格の目安 = 路線価(㎡単価)÷ 0.8 × 1.1 × 面積(㎡)

不動産屋の不動産査定はどうして大きくちがうのか?

不動産屋と呼ばれる業種の中でも仕事内容が大きく違います

  • 不動産仲介
  • 戸建ディベロッパー

で価格査定は違います

不動産仲介では基本的には実勢価格の査定になりますが、戸建ディベロッパーは路線価を基準にする事が多いようです

不動産を売却する場合に頭の片隅に入れておきたい知識です

土地を売却する場合は土地のプロフェッショナルに相談

不動産屋がすべて土地のプロフェッショナルという訳ではない!

一般の方からみれば不動産屋はすべてプロフェッショナルと考えるのも不思議ではありません

実はそれぞれ得意不得意分野があり、土地のプロフェショナルという訳ではありません

間違って相談してしまうと安く取引されてしまう可能性があります

土地利用方法によって価格は違う!

土地は経済活動、生活にはなくてはならないものです

場所によってはマンションが建築できないエリアもあれば、事業用不動産が建築できないエリアなどもあり土地利用方法はさまざまです

土地利用に合わせた土地のプロフェッショナルに相談していただき、より高く評価される買主に橋渡しをするのが土地のプロフェッショナルになります

-中央区土地価格